ホームPC9801 GAME Worldサバッシュ2(ポプコムソフト)
2001.03.24

サバッシュ2(ポプコムソフト)

下へ移動 Ctrl + END

今回は落語家の三遊亭円丈さんが手がけたサバッシュ2です。円丈さんはパソコンゲーム黎明期からゲームを楽しんでいたそうです。

制作期間4年!

サバッシュ2ではゲームシステム全般を手がけていまして、独特のゲームシステムにひたすらシナリオを詰め込んだゲームとなっています。持論「少人数で制作したほうが個性が出て良い」というのも頷けますが、グローディアのメンバーと共にじっくり制作。なんと4年の歳月をかけています。円丈さんはゲームのボランティアと言っていますが、最近ですとドラクエくらいしか思いつかないですね。たいしたものです。

完成したサバッシュ2は、超弩級RPGとあるように、A2サイズにぎっしり書き込まれたマップが付いてきます。そして冒険の助言は、袋とじ。ざっと60~100時間はかかる大作ですよ。当時はFDで遊んでいましたが、マップ上でのディスク入れ替えがあるので、HDDへのインストールをおすすめします。

しかしこの4年の間にすっかり、PC98が主流となってしまって、泣く泣くPC88を切り捨てることになったのですよ…モンスター魔神88は切り捨てられた88ユーザーの怨念がつまっているそうです

キャラクターメイキングはつらいよ

さあ、ゲーム開始!まずはキャラクターメイキングです。ここが一番の難関なのかもしれない

神の国から漁師、商人、王子の子として生まれるわけですが、生まれた次の日に川に突き飛ばされるのです。その川を泳ぎぎったものだけが生きることを許される、この時の行動で基本能力が決まるのですが、生存確率30%って…

実際10%くらいだと思いますよ

何度も生まれて次の日に死んじゃうのが悲しいですが、がんばって乗り越えましょう!

個性的なシステムの数々

円丈さんは、雑誌ポプコム「円丈のドラゴンスレイヤー」というコーナーで手厳しいゲームレビューをしていました。その中でも、ザナドゥ、ウィザードリィ、ドラクエ、信長の野望といった自由度の高いゲームは高く評価していましたね。

このゲームも自由度が非常に高いのが特徴ですが、加えてRPGで日々感じていた疑問を打破すべく考え出された個性的なシステムの数々が当時画期的でした。

その中の一つがどこでも経験値です。イベントを達成した時、新しいアイテムを手に入れたとき、宿屋に泊まったとき、さらに普通の街の人と話した時までも!いたる所で経験値が増えていきます。そうです!戦闘だけがゲームじゃない!だらだら戦闘ではなくイベント達成に重点が置かれているという珍しいシステムです。

時間制限あり!

アイテム拾って交易、はたまた捜し物、アルバイトをしたり…また希少価値のあるものを拾って高値で売ることもできます。なんだ。それを繰り返したら大もうけでは?しかし。

時間制限があるのですよ。

世界滅亡まであと38日!限られた時間の中でどれだけのことができるか!といっても常に時間が流ているわけじゃなく、寝ると一日という感じです。ただし、スタミナという概念があるのです。これはシミュレーションゲームにでいう行動力のような感じでしょうか。採取地に入ると16消費、街に入ると16消費という感じで0になると何も出来ない==>寝るしかない(次の日へ)

というわけで常に危機感をもって行動することになります。このスタミナという考え方は画期的だと思うのですが、他のゲームに採用されませんね。

なお3種類の難易度がありますので、初心者、中級者向けではそんなに焦ることなくクリアできると思います。

クリアは簡単

サバッシュ2はウィザードリィ1のようにクリアまでの必須条件は簡単、でも奥深いゲームを目指していますので初級コースですとクリアは簡単です。(鍵を25個集めて勇者の門を開くこと)

そこまではどう進んでも自由。(ただしレベルは足りないですけれど…)そこで出てくるのが4000を超えるシナリオフラグと言われる膨大なサブイベントです。サバッシュ2で一番こだわったのがここではないでしょうか。この量とゲームの時間制限によって一回ですべてをこなすのは無理でしょう。5年間は伊達じゃない!マイトアンドマジックのクエストがたくさんあるRPGという感じですね。

アクション感覚の海戦

主人公達は全員船を持っていまして、敵国の艦隊を次々と撃破していきます。船(ジャンゲミ)装備は、戦旗、船首、主砲、サイド砲に治療設備。各部の装甲を自分で好きなようにカスタマイズ。

戦闘では、向かって敵の戦艦がやってきますのですれ違うざまに撃つべし!旋回は勝手にしてくれますが、敵の船にぶつかってはいけません。体当たりは大ダメージとなるので、いかに敵の攻撃をぎりぎりでかわし、こちらの攻撃を当てるかですね。

最初のころは一発ずつしか打てなくて地味ですが、連射できるようになると面白くなってきます。反面、地上戦は単なる銃の撃ち合いですので、単調でした。音楽は1のアレンジでかっこいいですよ。

自由度が高くどこでも行けるということは、この場合敵の強さのバランスが問題になりますが、敵国を攻めるというストーリーによりあらかじめ敵の強さがわかっているところに攻め込むので「弱いところからこつこつと」「いやいや強敵に挑む!」を自分で決断できるところが良いですね。

リメイク希望

「この度、パルチャップの大地を救わんがため、12800円の大金を支払いて本ソフトを買い求めた汝こそ、まさに冒険者の鏡であーる」といったアクが強い円丈節が好みの分かれるところだと思いますが、サバッシュ2は、広い世界を旅行してる感じで、必要な制約は最低限に、あとはどこから行ってもよい自由度の高さと、サブシナリオたくさん、という方向性は良いと思います。夢中になりましたから。

でも残念ながらPC98でしか遊べないのですよね。(発売元が今はなき、ポプコムソフトさんなのがつらいところです)どこかリメイクしてくれませんかねぇ、今プレイしても十分楽しめると思います。


2001.03.24
扉に戻る